目前日期文章:201407 (3)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

迪化街ぶらり--南街と貴德街散策(中国語/日本語ガイドツアー)

集合時間:2014/08/23 (土) 午前10時
活動時間:午前10時~12時
申込み時間:2014/08/01夜9時より
集合場所:建成円環ロータリー(寧夏路1号)
予定人数:中国語20人、日本語10人(中国語グループと分かれて行います)
主催者:水瓶子
中国語ガイド:邱董
日本語ガイド:釋照勝、姿吟
費用:無料

1851年、大稻埕の始まりはわずか3軒の店舗だった。清朝、日本統治時代、そして民国時代を経ったこの街の建物は、それぞれ独特の風情が漂っています。町の古い写真を持ち歩きながら、大稻埕の昔の街並みを想像してみてはいかがでしょうか。(ガイドツアーは6月28日の「迪化南街と貴德街散策」と7月26日「迪化北街と大橋頭散策」の2回分けて開催します。)

今回のポイント
1. 霞海城隍廟と迪化南街:大稻埕が繁華街になることができたのは、霞海城隍爺のおかげだと言われてます。
なので毎年旧暦5月13日城隍爺巡礼の日には、迪化街がいつも大勢の信者で賑わってます。
2. 法主公廟と貴德街のお茶屋:20世紀初頭の貴德街は、茶街として大稻埕に繁栄をもたらした。最初は河畔に洋館を建てられ、次第に地元商人も水沿いに豪邸を続々と建てました。賢い茶商たちは自分のお寺―法主公廟まで作って、組合として働かせました。
3. 円環(ロータリー)と寧夏路夜市の露店:昔の円環は、庶民の味を楽しめる台北の台所でした。円環が取り壊されてから、中の露店が台北市内にバラバラに分散したが、その精神を引き継いだ寧夏路夜市は最近、人気が集まってます。

*申し込みは下記のフォームをご記入ください。

 


報名表格提交後並不會馬上出現在下面的表單中,我們每日會做一次確認,才會顯現出來,目前報名人數:中文需候補、日文4人
リストの更新は日ごとに行われるため、申し込みの手続きが終了してもすぐにはリストに出ませんので、ご了承ください。
申込人数の制限は、中国語20名(滿員)、日本語10名(4員)となります。 

 

 

匿名 報名狀況
王苗娟 OK
李宜家 OK
朱聖盈 OK
Holly OK
劉明通 OK
淑惠 OK
黃美娥 OK
林榮河 OK
薇麗 OK
林歆 OK
Paullin OK
YUYA YAMAGUCHI OK
IZUMI YAMAGUCHI OK
林育馨 OK
廖培伶 OK
Sharon Liang OK
Leo OK
Melanie Lo OK
gin OK
顏先生 OK
lmg OK
淑美 OK
鄭芯如 OK
曾怡菁 OK
顏尚誠 OK
Angela OK
Emily OK
凌燕燕 候補
Dawei 候補
Anita 候補
Meilin 候補
Kelly Huang 候補
Cathy Chiang 候補
Evelyn 候補
許明欽 候補
劉秀妮 候補
YH Chang 候補
蓉蓉 候補
鄭勝吉 候補
Paullin 候補
鄭淳尹 候補
吳奇偉 候補
謝秀惠 候補
GIGI 候補
baku 候補
鍾玉喬 候補
葛琬婷 候補
陳正芬 候補
Allen Kan 候補
Yen-chin 候補

  《第六十一次導覽報名》迪化街ぶらり--南街與貴德街散策(中文、日文導覽)  

集合時間:2014/08/23 星期六 上午10:00
活動時間:上午10:00-12:00
報名時間:2014/08/01 晚上21:00
集合地點:建成圓環(寧夏路1號)
預計人數:中文20人、日文10人(分開進行)
集合人:水瓶子
中文導覽:邱董
日文導覽:姿吟
費用:免費

1851從三間商號開始,大稻埕歷經清朝、日治、民國,建築風貌也隨著時代的不同而各有特色,我們帶著老照片一起到迪化街走走,多一些想像,大稻埕往日風華就會在腦中出現。
(導覽分為兩條路線,8月23日「迪化南街與貴德街」及9月27日「迪化北街與大橋頭」)

 

導覽重點
1.霞海城隍廟與迪化南街:在霞海城隍爺庇佑之下,大稻埕邁向走向繁華興盛,每年農曆五月十三城隍爺出巡、迪化街人看人,代表著信徒對城隍爺的感念。
2.法主公廟與貴德街茶行:大稻埕起於茶葉貿易,洋人首先於河畔興建洋行,華商接續興建水畔宅邸,華人茶商並建立法主公廟,整合茶郊事務。
3.圓環與寧夏夜市露店:圓環因露店聚集而生,老圓環拆除、老店四散,而寧夏夜市延續圓環的精神,持續成長。

DSC04663  

邱董 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

因為誤會,接了大龍峒導覽,

大稻埕沿路可看、可講的事物太多,導覽內容較淺,大龍峒是定點導覽,以孔廟、保安宮為主,需再同一點停留較長時間,並深入介紹,要準備的功課更多,且是我不熟悉的寺廟建築。

其實我是四分之一大龍峒人,阿嬤是大龍峒出身,阿祖就住在大龍國小後面,幼稚園時期經常跟爸爸去阿祖家,我記得那是一棟兩層樓的平房,進門是公媽廳,公媽沒有對著門,而是靠著牆,接著是佔去房子最大面積的"總舖",大家都在總舖上活動、睡覺,後面則是餐廳與廚房,餐廳有一台旋扭映像管電視,轉台時會有喀喀的聲音,有樓梯上二樓,已經不記得我是否有上去過,但記得一直照顧阿祖的姨嬤有走上去過。

最後一次去阿祖家是阿祖的葬禮,記得那天很多人,阿公幫我穿上孝服、戴帽子,然後就沒再去過了。

前陣子想要去找阿祖家,找不到記憶中的老宅,後來問阿嬤才知道,阿祖過世之後,舅公等親戚就決定把老家賣給隔壁鄰居。

照片是1940年左右阿祖在日新町二丁目的仿西寫真館拍攝。

005004  

邱董 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

logo.png  
 
 
 

 讓世界看見真正的臺北

 
智榮基金會 施振榮先生與王道薪傳班
時間:6/29(日) 09:00~11:00
 
一開始接到承辦人Jenny的電話時,還摸不著頭緒,掛掉電話後搜尋「智榮基金會」,在網站上看見施振榮先生的名字,才深刻覺得這次導覽是一次新的挑戰,施振榮先生是資訊業的前輩,他所創立的宏碁電腦是台灣自創品牌的先驅,大學時期商管課程經常討論的管理個案,我很榮幸有機會為施先生介紹大稻埕。
 
DSC00698.JPG  

邱董 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()